撮影機材にSONYのシネマラインシリーズ「FX3」とGマスター™️レンズを導入しました。

株式会社K.OFFICEでは撮影事業を品質をより向上させる為に、新しい撮影機材としてSONYの

FX3|株式会社K.OFFICE

・Cinema Line FX3(フルサイズシネマカメラ)
・α7c2(フルサイズミラーレス)
・FE 16-35mm F2.8 GM Ⅱ
・FE 24-70mm F2.8 GM Ⅱ
・FE 70-200mm F2.8 GM Ⅱ

を導入しました。

また同時にATOMOS社の外部モニター「NINJA」を導入して、RAWデータでの動画撮影が可能になりました。
RAWデータでの動画撮影はハリウッドをはじめとした映画などでは一般的な撮影データで、編集時のカラーグレーディング作業(映像のトーンを調整して、独自の世界観を持つ映像に編集すること)での自由度が上がり、より世界観を作り込んだ映像を作ることが可能です。

企業ブランディングに動画を活用する際は是非、株式会社K.OFFICEにご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら

PAGE TOP